2010年03月16日

ソムリエ、ソムリエール、神の雫

基本的にお酒は飲まないですが、漫画は大好きですから。

おそらく、ソムリエと言う言葉を初めて身近に感じたお話で
知り合いの中で結構話題になったのを覚えています。
自分としては、いわゆる「気くばり」のような面倒なものの
壁を超えた繊細なかっこよさに魅かれたのだろうと思っています

今となっては、何だか遠い古いものの一つになってしまったような気がして
少しさびしい気もしますが・・・




このアマゾンの書籍情報ですら、2003年。私が持っている
「ソムリエ傑作選」ですら、1998年。で、その特別編集の表紙
には稲垣吾郎主演のドラマの「ソムリエ」特集見出し。

相当古いです。郷愁すら感じます。
ですから画像も小さく、当時のコミック画像は皆この程度なんです

※ この原作はドラマと違ってもっとリアリティのある正統派漫画です。
※ あの、稲垣吾郎が演じた突拍子も無いキャラはドラマ独特のものです。


次は「ソムリエ」の原作者である城アラキ氏の作品である、



何故か1巻だけ少し画像小さいです。
この漫画かなりレビューの評価が悪く、それほど支持している人は多くは無いですが、
ワインベースの物語なので基本的なハードルが高いのだと思います。自分的にはそんなに
悪くは無いと思ってはいますが・・・
ストーリが淡々としていて、特にこれといった特徴無いので
盛り上がりに欠けます。

で、今時なのが




画像でかいです。

最近のコミックはみな大きいです。
これは、「12使徒」という特殊なワインを巡る、二人のイケメン青年の
数奇な運命の物語・・・てなかんじでしょうか。

シリアス一辺倒ではなくきちんとコメディタッチがふんだんに
盛り込まれており、やたらワインの種類が出てきてまあ・・・・

さっぱり解りません。

テロワールやら、マリアージュやら、なんか他で使ったら
かっこいいなぁ、てな言葉もポンポン出てきます。
結構、新鮮な情報が満載でしょう。

また、なんといっても、3週間毎のバトル方式が
物語をうまく盛り上げていってます。
これ、いいですね。



「神の雫」という名前も不思議な魅力を感じさせます。


タグ:コミック

posted by at 2010-03-16 21:23 | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする